トップページ > 給与形態が変わるってどういうこと?

 

給与形態が変わるってどういうこと?

投稿日:2018年12月18日
企業型の選択制を導入する会社様でよく給料が減ってしまうの?とご質問を頂くのですがそうではありません。表記の仕方が変わるだけなんです。

月給が25万円の人を例にあげると

選択制を導入した場合、従業員が掛けられるように現給与に枠を作ります。これを「生涯設計手当」と言います。従業員全ての方が同じ5万5千円掛けられます。
なので今まで25万円の給与が
基本給19万5千円+生涯設計手当5万5千円=給与25万になります。

もちろん選択制をやるやらないは従業員様の自由ですのでやられない従業員様
基本給19万5千円+生涯設計手当5万5千円=給与25万
となり今までと支給額は変わりません。

例えば毎月1万円掛けたいとなった場合は
基本給19万5千円+生涯設計手当4万5千円=給与24
となり毎月2万円掛けたいとなった場合は
基本給19万5千円+生涯設計手当3万5千円=給与23
になりご自身で掛けられた金額分生涯設計手当から引かれる形になります。

理解しづらい部分になりますが選択制をやられない従業員様は給与が減ってしまうというわけではありませんのでご安心ください!