企業型 確定拠出年金 導入事例

① 中退共と選択制を組み合わせた事例

・現行の中退共制度(中小企業退職金共済制度)を脱退せずに確定拠出年金を導入する。
・中途退職時の給付原資として中退共制度を減額存続する。掛金の損金メリットは大きいこと、
 従業員の同意が得やすいことがメリットだが、総コストはあまり減らない。


② 新入社員のみを加入対象としてスタート

・既存の従業員の年齢構成が高いなど選択制確定拠出年金を導入しにくい場合に実施するケース。
・新入社員の給与体系のみに生涯設計手当制度を導入する方法。
 社会保険料の軽減効果が大きくなるまでに時間の掛るのがデメリット。


③ 全員加入と選択制を併用した事例

・現行の退職一時金制度を廃止(または減額)し、その代替制度として全員加入の確定拠出年金(A)を
 実施。併せて選択制確定拠出年金(B)をも行う方法。(※A+生涯設計手当は55,000円が上限)
・事業主にとって、退職金負担の平準化を図るとともに社会保険料の削減効果も期待できる。
 従業員にとっても退職金の保全が図れる。


どの制度が御社にベストかご提案させていただきますのでお気軽にお問い合わせください。