企業型 確定拠出年金の概要

企業型確定拠出年金は、所属する会社が企業型確定拠出年金を導入していれば給与から自動引き落としで専用口座へ振り込まれるため、意識することなく自然と年金のための積み立てができ、積み立ての中から運用商品を選択できます。もちろん何もしなくても大丈夫ですし、社内で実施される投資セミナーで投資についての知識を増やした後に運用商品を選ぶこともできます。

企業型確定拠出年金のシステム


企業型確定拠出年金は、以下のような制度になります。
(1)会社が毎月掛金(毎月一定の払い込み額)を社員の個人別専用口座に拠出(払い込み)します。

(2)運営会社が用意した運用商品の中から社員(加入者)がネット上の個人専用口座から運用商品を選択します。

(3)原則60歳になったら専用口座より年金または一時金として受け取ることができます。

企業型確定拠出年金の特長


企業型確定拠出年金の特長として、以下の2つが上げられます。

(1)税金が優遇されている
積み立てたとき、運用益が発生したとき、受け取るときすべて税金が優遇されている

(2)年金資産を持ち運べる
企業型確定拠出年金を運用する会社から60歳に達する前に退職(転職)した場合、転職先の会社が企業型確定拠出年金を運用している場合は、その会社の企業型確定拠出年金へ加入、 運営していない場合や退職・引退の場合は個人型確定拠出年金へ、それぞれ積み立てた年金資産を持ち運べること(ポータビリティ)ができます。

詳しい特長は「確定拠出年金 社員のメリット&デメリット」にまとめてありますので、そちらもご参照ください。