個人型 確定拠出年金の概要

2017年1月から確定拠出年金は制度を拡充し、従来加入できなかった専業主婦、公務員、企業年金に加入している会社員などが個人型確定拠出年金を利用できるようになりました。
個人型確定拠出年金とは、加入者本人が積み立てた掛金を加入者が自ら運用を行い(税制優遇を受けながら年金作りが可能。)、その運用の結果に基づいて給付を受けることです。



給付の種類


給付には老齢給付金、障害給付金、死亡一時金の3種類があります。老齢給付金は原則60歳から給付を請求できます。なお、積立期間が1ケ月以上3年以下で、専業主婦になるなど制度に加入できなくなったときには、脱退一時金を受給できる場合があります。

給付の種類 受取要件 受取形態
老齢給付金 60歳から受給可能、遅くとも70歳までに受給開始
60歳時点で確定拠出年金制度への加入期間(企業型確定拠出年金及びSBIつみたて個人型年金プランにおける加入者期間と運用指図者期間の合算)が10年に満たない場合は、受給開始年齢が段階的に引き上げられます。
年金または一時金
障害給付金 高度障害時に受給 年金または一時金
死亡一時金 死亡時に受給 一時金